カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55
  • TOP
  • お役立ちコラム
  • 車のサスペンションはどの部分?構成部品と交換にかかる費用をご紹介

車のサスペンションはどの部分?構成部品と交換にかかる費用をご紹介

2020年10月15日

車のサスペンションは、快適でスムーズな走行をするために欠かせない自動車の構成部品です。しかし一言にサスペンションといえども、どの部分がサスペンションにあたるのかわかりづらいかもしれません。今回は、車のサスペンションについてご紹介します。

乗り心地を改善!サスペンションの交換はお任せを

カーコン独自の品質管理体制で満足度の高いサービスを提供!事前の概算見積もり提示で安心、高い技術を持つスタッフが丁寧かつ迅速に作業いたします。

車のサスペンションとは?

車はエンジンの熱エネルギーを回転運動に変換し、ミッションなどのパワートレーンを経由し最終的にタイヤを回転させることで走行します。

しかし、ただエンジンの力で動くだけでは路面から伝わる振動や段差の影響などを酷く受けてしまい、降りる頃にはお尻が痛く車酔いを避けられないような状態になりかねません。

また、車はまっすぐ進むだけでなく曲がったり止まったりと走行中に遠心力がかかることも多く、快適に走行するためにはこれらの遠心力を吸収する必要もあります。

それらの力を吸収し、快適な走行を実現しているのが車の足回り、いわゆるサスペンションです。

サスペンションとは足回りを構成する部品である

サスペンションを簡単に紹介すると、ボディーを支えながら路面から伝わる力やカーブ時に生まれる遠心力など車重を支える足回りの総称です。

サスペンションによって、段差を超えた際の衝撃はスムーズに吸収され、旋回時も力を受け止め車両の限界値を高めるなど乗り心地や車の走行性能などに大きな影響を与えています。

構成部品とそれぞれの役割

サスペンションに構成される主な部品は、タイヤが取り付けられるホイールハブとボディーを繋ぐストラット周り、いわゆるショックアブソーバーとダンパースプリングです。

また、エンジンを固定する役割を持つメンバーに加え、メンバーとホイールハブを繋ぐロアアームや、旋回時等のねじれに対し効果を発揮するスタビライザーも重要な構成部品となります。

サスペンションといえば、多くの場合でショックアブソーバーとダンパースプリングを意味する場合が多いですが、具体的にはタイヤの位置関係を決める各種アームもサスペンションの一部です。

 

サスペンションの構造は車種によって異なる

サスペンションの主な構成部品についてご紹介しましたが、車種によってサスペンションの構造は大きく異なり、走りの特性や構成部品が変化します。

サスペンションの構造は大きく2つ

サスペンションはショックアブソーバーやダンパースプリングだけでなく、タイヤの位置関係を決める各種アーム類までであることをご紹介しましたが、当然アームが多く複雑であるほど細かくタイヤの角度など位置関係を調整することが可能となります。

しかし、アームが増えれば増えるほど当然コストがかかり、軽自動車や走りを求めないファミリー層をターゲットとする車両には不向きです。

そうした背景から主に、サスペンションの構造は大きく以下の22つに分けられます。

車軸方式

車軸方式は、名前の通り1本の車軸を用いそこにスプリングとダンパーを取り付けた非常に簡易的な足回りです。

左右を車軸で繋いでいることから、片側のダンパーが伸びるともう一方は縮む特性があり、自由度は少ないながらも部品点数も少なく軽自動車や現在の主流ともいえるFF車のリアサスペンションに用いられる構造となります。

独立懸架方式

独立懸架方式は、車軸を有さず左右で独立した足回りで構成されるサスペンションとなります。

そのため、車軸方式に比べ足回りのレイアウトが自由に構成でき、より良い乗り心地や走行性能を追求することが可能です。

独立懸架方式にも、さらに細かくダブルウィッシュボーンやマルチリンクなど種類が存在し、それぞれ足回りを構成する部品の位置関係や部品点数が異なります。

独立懸架方式は修理費用が高くなる傾向に

簡易的な構造を有する車軸方式に比べ、より複雑な構造を可能にする独立懸架方式の方が、修理にかかる費用が高くなる傾向にあります。

これは、より複雑な足回りの調整を可能にする独立懸架方式の方が使用されるアームの数など部品点数も多く、各種アームに使用されるゴムブッシュなどのへたりといった交換が必要となる部品が増えるためです。

もちろん、部品そのものの価格自体も高い傾向にあります。

また、独立懸架方式の中でもさらに多いリアームを用いて乗り心地の向上を実現させるマルチリンクのようなサスペンションの方が修理にかかる費用は高くなるでしょう。

 

サスペンションが劣化したら…経年劣化や故障で考えられる症状とは

ここまでご紹介したように、サスペンションは快適な走行を行う上で非常に重要な車の構成部品です。

そのため、サスペンションが劣化することによって、主に乗り心地に関する面で様々な不具合や症状が発生します。

よく起こりやすいものとしては、ショックアブソーバーの液漏れなどによって正常に機能せず、衝撃を正しく吸収できないことから揺れが収まらなかったり、底付きを起こすなどです。

その他にも、サスペンションを構成する各種アームにはとりつけ部分に衝撃等を吸収するゴムブッシュが使用されていりため、これらのブッシュが劣化し千切れることでも、振動やゴツゴツとした異音へと繋がります。

サスペンションに使用されているゴムブッシュ等は基本的に等しくヒビ割れ、劣化を引き起こすため、これらのブッシュ交換が必要となった際は乗り換えの選択肢も考えておくとよいでしょう。

 

サスペンションの不具合や故障、メンテナンスはカーコンビニ倶楽部へお任せください!

カーコンビニ倶楽部では、今回ご紹介したサスペンションの不具合や故障、定期メンテナンスまで隅々まで点検、交換対応いたします!

サスペンションの不具合は日頃の走行で感じる違和感や、定期点検による目視でしか劣化を確認することができません。

もし、最近乗り心地が悪い気がするなど些細な変化を感じた際は、お気軽にお近くのカーコン店舗までご相談ください!

お近くの店舗検索はこちらから

また、カーコンビニ倶楽部では性能向上を目的としたサスペンション交換にも対応しております。

劣化したサスペンションの点検・交換から、足回りのリフレッシュまでカーコンビニ倶楽部へお任せください!

カーコンビニ倶楽部によるサスペンション交換の詳細はこちらから

カーコンビニ倶楽部 スーパーショップ認定店ならカーライフを総合的にサポート!

『スーパーショップ』は、 カーコンビニ俱楽部の提供サービスをお客様に総合的にご提供可能な特に優れている店舗に付与している称号です。
カーコンビニ俱楽部のスーパーショップ認定店なら愛車の修理・点検も、新車にお乗り換えも ワンストップでご提案いたします。

そんなスーパーショップの3つの特徴とは…

1. 提案力

スーパーショップでは、修理や点検から、車検や車の買い替えなどお車に関するすべてのサービスをご提供しておりますので、お客様に最適なサービス・プランを的確にご提案いたします。

2. 高い技術力

スーパーショップでは、高品質修理「カーコン工法」をはじめとし、カーコンビニ倶楽部が推奨する技術を積極的に導入しており、お客様にご満足いただける技術力でご対応いたします。

3. トータルサポート

車を綺麗にしたい、キズやへこみの修理をしたい、車の乗り換えなどカーライフ全般におけるサポート体制を整えております。小さなお悩みはもちろん、どんなお困りごともお気軽にご相談いただけます。

キズ・へこみ直しはもちろん、点検やメンテナンス、車検、車の買い替えなどスーパーショップだからこそできることを、お客様のお悩みに寄り添って、さまざまなメニューから最適なメニューをご提案。まずはお気軽にご相談ください!

お近くのスーパーショップはこちらからお探しいただけます。

  • ※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。
  • ※本コラムに掲載の内容は、本コラム掲載時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。