カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55

リアウインドウとは?目隠しやステッカーはOKなのか解説

2022年06月15日

車の後方視界を確保するリアウインドウ。リアウインドウにスモーク加工したり、リアウインドウステッカーを貼ったりした状態で走行している車を見かけることもあるのではないでしょうか。ここではそういった状態でも走行に問題はないのか、また車検に通るのかなどを解説します。

リアウインドウのお悩みならカーコンへ!傷修理も素早く対応!

リアウインドウに対するお悩みがあれば、お気軽にカーコンへご相談ください。キズの修理や交換も、高い技術を持ったスタッフが最善の提案かつ丁寧に修理いたします。

リアウインドウとは

車の後ろ側に付いている大きなガラスを「リアウインドウ」といいます。

後方視界を確保するのが主な役割で、「リアガラス」「バックドアガラス」などと呼ばれることもあります。

車の前方に設置されているフロントウインドウは保安基準によって「合わせガラス」の使用が義務付けられていますが、リアウインドウには一般的に「強化ガラス」が使用されています。

合わせガラスは衝撃に強く、たとえ亀裂が入っても割れて粉々にはなりにくいのに対し、強化ガラスは衝撃を受けると大きな亀裂が入り、割れて砕け散ります。

ただし、その破片は鋭い角のない粒状になり、ガラス片による裂傷などのリスクが少ないようになっています。

 

リアウインドウにスモークなどの目隠しは大丈夫?

車の保安基準では、フロントウインドウ、運転席・助手席のサイドガラスに透過率の定めがありますが、リアウインドウは対象外とされています。

そのため、リアウインドウにスモークを貼ることは問題ありません。どのような透過率のものでも使用できます。

なお、フロントウインドウ、サイドウインドウもスモークフィルムを貼ること自体は可能です。

しかし、透過率70%以下と保安基準で定められているため、それ以下の透過率のものでないと車検に通りません。

デジタルインナーミラー搭載車は要注意

デジタルインナーミラーとは、車両後方に設置したモニターの映像をルームミラーに映し出すもので、近年採用する車種が増えている先進安全技術のひとつです。

視界の悪い悪天候時や後部座席の乗員・荷室の荷物などで後方視界が遮られてしまう状況下においてもクリアな後方視界を確保し、安全運転に貢献します。

デジタルインナーミラー搭載車にもリアウインドウにスモークガラスを貼ることはできますが、透過率が低い濃いものを貼る場合は注意が必要です。

夜間視認性が下がる可能性がある

昼間は光量があるためそれほど影響は受けませんが、夜間はスモークフィルムによって視認性が低下し、デジタルインナーミラーが後方視界を確保できない可能性があります。

せっかくのデジタルインナーミラーの機能を活かすのであれば、モニター部のくりぬき加工を行うことをおすすめします。

 

リアウインドウにステッカーを貼っていても違反にはならないのか

リアウインドウのステッカー貼り付けは特に保安基準で言及されておらず、貼り付けは自由です。

車検も問題なく通過できるでしょう。少し前までは、新車の購入時に既に燃費基準達成車や低排出ガス車であることを示すステッカーが貼り付けられていました。

対してフロントウインドウは検査証票や故障ステッカー、その他国土交通大臣又は地方運輸局長が指定したものなど道路交通法で定められているもの以外は違法になり、車検に通過できません。

 

リアウインドウにカーテン設置はOK?

日差しを遮る以外にも、プライバシーの確保に有効で車中泊などをする方に人気が高いのがカーテンです。

結論から言うと、リアウインドウへのカーテン設置は違法ではなく、車検時に心配する必要はありません。

取付け方も自由で、閉めた状態で走行しても問題がないためいつでも自由に開け閉めできます。

フロントウインドウ・運転席・助手席のサイドウインドウは事情が異なる

ただし、フロントウインドウはもちろんですが、運転席・助手席のサイドウインドウもカーテンを閉めた状態での走行は違反となります。

閉じた状態でも閉じたカーテンが完全にBピラー内に収まるなど、ガラス面に干渉しないことが条件になるため、設置には細心の注意が必要といえるでしょう。

サイドウインドウはともかく、フロントウインドウのカーテン設置はあまり現実的ではないといえるのではないでしょうか。

 

フロントウインドウとリアウインドウの扱いが異なる理由とは

フロントウインドウと運転席・助手席のサイドウインドウに関しては、前方視界、側方視界の確保に大きく関わるため、細かく保安基準が定められています。

視界の確保は安全性に大きく影響するので、リアウインドウよりも厳しい条件となっているのは当然といえるでしょう。

同じガラス類とはいえ場所によって保安基準が異なります。

そのため、スモークフィルムを貼ったり、サンシェードやカーテンを取り付けたりしたい場合は保安基準を確認し、違反のない状態で取付け、使用することが大切です。

 

 【豆知識】リアウインドウが割れたりひびが入ったりしたままでも走行できるのか

リアウインドウは保安規定に定めがあるパーツであり、保安基準適合品でなければ車検に通りません。そのため割れがあれば修理する必要があります。

ただし、修理に持ち込む時など、やむを得ずリアウインドウが割れたまま走行するケースもあるかもしれません。

リアウインドウが割れた車は「整備不良」

リアウインドウが割れた車は「整備不良」に該当します。

整備不良の車は検挙の対象になりますが、一般的には事故の発生につながりやすいヘッドランプやブレーキランプなどの灯火類、ブレーキやサスペンションなどの制動系の不具合を中心に取り締まりされます。

リアウインドウ割れ状態での走行は灯火類や制動系と比較すると即事故につながる整備不良ではありませんが、破片が落ちて後続車が急ブレーキを踏むなどの事態が起きないとは限りません。

そのため検挙の可能性がないとは言い切れないのが現状です。

また、安全面から見てもリアウインドウが割れた状態での走行は修理のための移動など、最小限にとどめておくべきといえるでしょう。

 

リアウインドウに関するお悩みがあればカーコンビニ倶楽部へ!

リアウインドウのスモーク加工はセルフでもできますが、仕上がりの美しさや持ちの良さ、コストパフォーマンスを考えるとプロに任せるのがおすすめです。

特にデジタルインナーミラーを搭載している場合は、後方の夜間視認性確保のためにも正しく施工することが大切です。

カーコンビニ倶楽部では、お客様のご要望をお伺いしさまざまなご提案をさせていただくのはもちろん、保安基準にも配慮して安全にカーライフを楽しんでいただけるようにお手伝いいたします。

万が一のリアウインドウ割れの際の交換や修理も、出先から簡単にWEBから最寄りのカーコン店舗をお探しいただける全国展開のカーコンビニ倶楽部にお任せください。

お近くの店舗検索はこちら

カーコンビニ倶楽部 スーパーショップ認定店ならカーライフを総合的にサポート!

『スーパーショップ』は、 カーコンビニ俱楽部の提供サービスをお客様に総合的にご提供可能な特に優れている店舗に付与している称号です。
カーコンビニ俱楽部のスーパーショップ認定店なら愛車の修理・点検も、新車にお乗り換えも ワンストップでご提案いたします。

そんなスーパーショップの3つの特徴とは…

1. 提案力

スーパーショップでは、修理や点検から、車検や車の買い替えなどお車に関するすべてのサービスをご提供しておりますので、お客様に最適なサービス・プランを的確にご提案いたします。

2. 高い技術力

スーパーショップでは、高品質修理「カーコン工法」をはじめとし、カーコンビニ倶楽部が推奨する技術を積極的に導入しており、お客様にご満足いただける技術力でご対応いたします。

3. トータルサポート

車を綺麗にしたい、キズやへこみの修理をしたい、車の乗り換えなどカーライフ全般におけるサポート体制を整えております。小さなお悩みはもちろん、どんなお困りごともお気軽にご相談いただけます。

キズ・へこみ直しはもちろん、点検やメンテナンス、車検、車の買い替えなどスーパーショップだからこそできることを、お客様のお悩みに寄り添って、さまざまなメニューから最適なメニューをご提案。まずはお気軽にご相談ください!

お近くのスーパーショップはこちらからお探しいただけます。

  • ※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。
  • ※本コラムに掲載の内容は、本コラム掲載時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。