カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55
  • TOP
  • お役立ちコラム
  • ガラスコーティングをした車の洗車方法とは?長持ちさせるメンテナンスをご紹介

ガラスコーティングをした車の洗車方法とは?長持ちさせるメンテナンスをご紹介

2019年09月16日

さまざまな処理方法が存在する車のボディケアの中で、最も硬い被膜を持ち、高い耐久性を誇るのがガラスコーティングです。ボディ全体を薄いガラス膜でコーティングするため、自然な艶を出しながらボディのキズ予防に高い効果を持ち、上質なガラスコーティングを施した車両は手放す際の買い取り価格にプラス査定が付くとさえ言われています。

 

車両販売価格にまで影響を及ぼすほど効果の高いコーティング処理であるガラスコーティングの特徴や長持ちさせる洗車方法などのメンテナンス方法を紹介します。

ガラスコーティングとは?

長い間、洗車後のボディケアとして最もオーソドックスな処理方法が固形ワックスを塗布するワックス処理でしたが、現在は化学的に処理された液体樹脂でコーティングするポリマーコーティングも広く利用されています。

ワックスは費用的に最も利用しやすい上に、処理に特別な技術が必要なく、拭き上げ作業で生じる独特の艶が特徴で、現在でも人気が高い洗車後のボディケアだと言えます。また、液体樹脂を塗布するポリマーコーティングは作業性の高さやワックスに近い艶を出すことや比較的費用が安いことから、急速に普及しました。

ワックスの耐久性が1ヶ月程度であるのに対してポリマーコーティングは3ヶ月程度と耐久性が高い点も、洗車後のボディケアにコーティングを選ぶ方が増えた理由だと考えられます。

ガラスコーティングはシランやシラザンなどの成分を化学処理したコーティング剤を用いて処理するコーティングです。処理後に空気中の水分と含有成分が化学反応を起こし、ガラスの主成分シリカが硬い被膜を形成します。

ボディの表面を薄いガラス被膜で覆うため非常に高い耐久性を持つことから失敗が許されず、高い処理技術が求められるコーティング方法だと言えます。高い耐久性がガラスコーティングのメリットですが、下地処理の手間がかかることや処理技術が求められることから、処理費用が高額となる点がデメリットになると言えるでしょう。

現在はガラス繊維を混ぜたガラス系コーティング剤も存在しますが、処理後の透明感や耐久性に関しては残念ながらガラスコーティングに劣る傾向にあります。現状で最高峰のコーティング処理がガラスコーティングであることは間違いありません。

 

ガラスコーティングを施した車を洗車する方法

ボディ表面をガラス被膜でコーティングするガラスコーティングは、洗車が簡単であることもメリットとして挙げられます。ガラスコップが汚れに強いように、ガラスコーティングを施したボディは基本的に水洗いで洗車が完了します。

水洗いで落とせない油汚れが付着した場合は水洗いで砂埃などを流した後、バケツの中でしっかりと泡立てたカーシャンプーを使用して軽く擦るだけで洗車が完了します。砂埃を流さずに洗うとガラス被膜の表面を傷つけますし、力を入れ過ぎると被膜を破損する可能性があるので注意が必要です。

コーティング効果でボディを濡らしておくのは難しいですが、洗車中にボディ表面の水分がなくなると摩擦係数が高くなるので、ボディに水をかけ濡らしながら洗車するのがコーティングを長持ちさせるポイントだと言えます。

洗車完了後は、たっぷりの水でカーシャンプーを洗い流し、吸水性の高いセーム皮やマイクロファイバークロスなどで優しく水分を拭き上げるとコーティング効果が長持ちします。

 

要注意!ガラスコーティングをした車の洗車で避けたいこと

既に紹介したとおり、非常に薄いガラス被膜でボディをコーティングしたものがガラスコーティングですので、ガラスコーティングはガラスと同じ特徴を持つと考えて下さい。高度の高いガラスは急激な温度変化に弱く、ボディに急激な温度変化が生じる炎天下での洗車はガラスコーティングを痛めます。

また、砂埃はサンドペーパーと同じですので、砂埃を流さずにいきなり洗車するのは、ガラスをサンドペーパーで擦るのと同じ意味を持ちます。ガラスコーティングの効果を失うことになるので避けるべきでしょう。

同様にブラシなどで強く擦る洗車方法も避けるべきですし、乾いた状態のボディを擦るのもガラスコーティングの効果を妨げる洗車法だと言えます。油汚れを落とす際に使用するカーシャンプーに含まれる成分がガラス被膜に悪影響を及ぼすケースもあるので、コーティング剤に明記されている使用可能な洗剤成分を選びます。

プロに処理してもらった場合は洗車時に使用できるカーシャンプーを具体的に教えてもらえるので、確認することをおすすめします。

 

ガラスコーティングも洗車もカーコンビニ倶楽部にお任せ!

カー用品店に数多くの洗車グッズが取り扱われる現在、セルフ洗車でガラスコーティングを施す方も少なくないのではないでしょうか?しかし、ガラスコーティングは強力なだけに、下地処理や処理ムラなどが生じるとリカバリーが大変になるため、セルフ洗車での処理はあまりおすすめできません。

一度処理すると高い耐久性を持つガラスコーティングだけに処理はプロの専門家に依頼してはいかがでしょうか?

全国のカーコン店舗の中には、洗車や洗車後のコーティングサービスを提供するカーコンビニ倶楽部の洗車・コーティングのサービス提供店が存在します。ガラスコーティング処理を行うカーコンボディガラスコーティングは次に挙げる4つのコーティングメニューの中からご予算に合わせたガラスコーティングをご利用頂けます。

・カーコンスパシャンコーティング:処理時間と費用を大幅に圧縮しました。3ヶ月毎の処理をおすすめします。

・カーコンバリューガードライト:費用を抑えたガラスコーティングです。1年毎の処理をおすすめします。

・カーコンバリューガード:シリコンコーティングとガラスコーティングを組み合わせました。3年毎の処理をおすすめします。

・カーコンアクアガード:オーソドックスなガラスコーティングです。3年毎の処理をおすすめします。

カーコンボディガラスコーティングは高度な技術と専用設備が必要となるため、残念ながら全てのカーコン店舗でのご提供ではありません。カーコンビニ倶楽部の洗車・コーティングのサービス公式サイト内から、お近くの対応店ご確認の上ご相談下さい。

カーコンビニ倶楽部の洗車・コーティングのサービスについての詳細はこちら。

  • ※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。
  • ※本コラムに掲載の内容は、本コラム掲載時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。