カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55
  • TOP
  • お役立ちコラム
  • 手洗い洗車は本当にキレイになる?オススメの洗車手順とNG行為を徹底紹介

手洗い洗車は本当にキレイになる?オススメの洗車手順とNG行為を徹底紹介

2019年04月19日

車のメンテナンスとして最も身近な方法のひとつが、洗車でしょう。最近では、家族のコミュニケーションとしての洗車なども提案されるなど、一昔前に比べたら洗車事情も大きく変わってきていますね。

自分で丁寧に愛車を手洗いする方も多いようですが、ここでは、洗車機と手洗い洗車双方のメリットおよびデメリットの比較、手洗い洗車の手順とNG行為について、徹底的にご紹介しましょう。

洗車機と手洗い、よりキレイに仕上げたいならどちらを選ぶべき?

近年では、駐車場に止めておいたら専門業者が洗車しておいてくれるサービスなども登場しています。しかし、やはり一般的な洗車方法といえば、ガソリンスタンドやカーショップなどに設置されている洗車機を使用するか、手洗い洗車の二択になるのではないでしょうか。

洗車機と手洗い洗車、実際によりきれいになるのはどちらなのでしょうか?まずはメリットとデメリットを比較してみましょう。

洗車機を使用するメリットとしては、価格が安いこと、時間はかからないことが挙げられるでしょう。洗車そのものは5分程度で終了するので、給油のついでなどに気軽に洗車できますね。

機械が洗車を行うので、人件費が必要ないため、コースにもよりますが数百円程度のお手軽な価格で洗車できるのも魅力です。洗車中は基本的に車に乗っているだけなので手間もかかりません。

とはいえ洗車機は拭き上げまではしてくれないので、仕上げの拭き上げは自分ですることになりますが、それでも手洗い洗車の手間と比較すると、かなり楽といえるでしょう。

手洗い洗車のメリットとしては、一台一台の車に合わせて人の手で洗車するので、細かいところまでしっかりと丁寧に洗えることが大きいですね。洗車に使用する洗剤も、車に合わせて選択できるので安心です。

それでは、それぞれのデメリットはどうでしょうか。

洗車機の場合は、機械によってはブラシなどのキズがつくことがある点が最大のデメリットでしょう。洗車して愛車にキズが付くとなるとショックですよね。とはいえ、現在の機械はブラシの素材などが進化し、かつての機械洗車ほどのキズはつきにくくなっているようです。

手洗い洗車の場合のデメリットは、かなりの手間と時間を要することでしょう。車用の専用シャンプーやスポンジ、クロスなどを揃えるコストも無視できません。

手洗い洗車のバリエーションとして、ガソリンスタンドのスタッフによる洗車もあります。一から人の手で洗車する手洗い洗車と、洗車機を使用して拭き上げや車清掃などはスタッフが行う「スタッフ洗車」の2種類があるようです。

洗車機の場合はキズが付く可能性があると先に述べましたが、手洗いであれば全くキズがつかないのかというと、そういうわけではありません。

あらかじめ水で流したつもりであっても、目に見えない鉄粉などがついていた場合、そのままスポンジを使用するとボディにキズが付くことになります。

洗車機、手洗いの両方にいえることですが、拭き上げは仕上がりを左右する大きなポイントであり、最も難しい工程でもあります。使用するクロスやタオルの種類、力の入れ具合などによって、細かなキズがついてしまいやすいのです。

このように、洗車機の使用、自分での手洗い、どちらの場合でも、細かなキズがついてしまうのは避けられないといえるでしょう。

 

愛車をピカピカにしたい!オススメの手洗い洗車方法とは?

それでは、ここで、正しい手洗い洗車の方法をご紹介しましょう。

まずは、洗車に使用する道具を揃えます。車のタイプに合ったカーシャンプー、スポンジ(ボディ用とタイヤ用の2個、さらに予備用に数個あれば望ましい)、拭き上げ用のクロス、そしてバケツを用意しましょう。

泥や頑固な油性汚れのついているタイヤやホイールから洗っていきます。タイヤ用のスポンジにしっかりと泡立てたシャンプーをつけて丁寧に洗いましょう。洗い終えたらすぐにシャンプーを流します。

タイヤおよびホイールを洗い終えたら、ボディの洗浄に取り掛かりましょう。十分に水を流し、ボディの表面についている汚れをしっかりと洗い流しておくのがポイントです。

洗う順番は基本的に、上から下です。天井から開始して、だんだんとボディ下部へと進んでいきます。ここでも、しっかりと泡立てたシャンプーを使用してください。

今度はボディ用のスポンジに取り換えて、隅々までしっかりと洗いますが、ごしごしと強くこすらず、優しくスポンジを滑らすような感覚で洗いましょう。

もし洗っている最中に地面にスポンジを落としてしまったら、そのスポンジは使用せずに取り換えてください。スポンジについた小石や砂がボディのキズの原因になるからです。

シャンプーを終えたら、すぐに水ですすぎ残しのないように洗い流しましょう。しっかりと洗い流したら、マイクロファイバーのクロスで水滴が残らないように丁寧に拭き上げれば完成です。

手洗い洗車のNG行為についても触れておきましょう。

一つ目は晴れた日中、特に炎天下で洗車することです。晴れた日の強い日差しは拭き上げる前にあっという間に水分を乾燥させてしまい、水跡がスポットとしてボディに残ってしまうからです。残ったスポットはなかなか落ちません。そのため、洗車は早朝や夕方、曇りの日を選んで行ってください。

最初に汚れを水で流さずに、いきなりスポンジでこするのもNGです。ボディについた塵や埃を、そのまま車にこすりつけることになり、細かなキズが付く原因になります。

ボディから先に洗い始めるのも厳禁です。タイヤやホイールに付着している頑固な油脂性の汚れが跳ね上がって、ボディを汚したり、キズをつけたりする可能性があるからです。洗車では、まず洗うのはタイヤ、ホイール、そのあとでボディというように、順番を守るようにしましょう。

 

手洗いよりもっとキレイに!カーコンビニ倶楽部株式会社の洗車コーティングを活用しよう

自分での手洗い洗車はかなりの手間もかかりますし、道具をそろえるのも大変です。しかもキズが付く可能性もあるため、洗車は専門家に任せてみてはいかがでしょうか。

カーコンビニ俱楽部の洗車・コーティングでは、カーコン店舗ごとに充実した洗車メニューを用意しています。

洗車だけでなく車内の清掃と光触媒によって除菌・消臭するカーコンルームクリニック(除菌・消臭コート)や、愛車のキレイを長持ちさせるガラスコーティングも車の種類に合わせて2種類用意するなど、様々なメニューでお客様の愛車の「キレイ」を実現します。

全国ネットのカーコンビニ俱楽部なら、店舗を探す手間も必要ありません。公式サイトから郵便番号や市町村を入力していただければ、すぐに最寄りのカーコン店舗が検索できます。

お客様のお近くのカーコンビニ俱楽部の洗車・コーティングに大切な愛車の「キレイ」はお任せください!

カーコンビニ倶楽部の洗車・コーティングについての詳細はこちら

 

※ 本サービスは一部各加盟店独自のサービスになります。
※ 車種により料金が異なる場合があります。
※ 違法改造はお引受けできません。
※ お店によって取扱いサービスは異なります。
※ くわしくは、お近くのお店にお問合せください。

※本コラムに掲載の内容は、2019年4月19日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。
※本コラムでご紹介のお客様ご自身で実施する方法については、効果を保証するものではありません。掲載の内容に基づいてお客様ご自身が実施された結果で被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いません。お客様ご自身の責任・ご判断でなさるようお願いいたします。

  • ※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。
  • ※本コラムに掲載の内容は、本コラム掲載時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。