カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55

リコールされた車は車検に通らない?リコール対象車の対応法とは

2019年12月30日

国土交通省の指導によって行われるリコールと聞くと「車両に深刻で重大な欠陥があり車検が通らない?」というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?共用部品が増加する近年は大規模なリコールが行われることも珍しくないため、リコール対象車の車検対策を含む対応法を紹介します。

リコールを放置したままでも車検は受けられる?

設計や製造過程に起因する不具合の影響で車両が保安基準を満たせないという問題が生じた際、自動車メーカーや輸入業者は国土交通大臣へ届出し該当車両に対して無料で回収や修理を行う制度がリコールです。

国内のリコール制度は、1969年に運輸省の通達でリコール届出の受付を開始、1994年の道路運送車両法改正でリコール制度が法律で明記され1995年に施行された比較的新しい制度だと言えます。

リコールの対象車両となるのは、既述した国土交通省の定める安全基準以外にも環境汚染に繋がる排出ガス規制値などに適応していない車両や、使用によって適応しなくなる可能性がある車両が該当します。

また安全性能や環境性能に放置できない問題や、放置できなくなる可能性が確認された場合に国土交通大臣に届出を行い、車両を回収し無料修理を行う「改善対策」や品質改善のために国土交通省の通達に基づきメーカーが行う無料修理「サービスキャンペーン」も存在します。

リコール対象車両の無料回収や修理は、リコール届出を行った自動車メーカーのディーラーが対応し、民間整備工場では対応することができません。そのため、リコール対象車のユーザーはディーラーへ車両を持ち込み、リコール対応を受ける必要があります。

リコール対象車両が車検を受けることができるかが気になるところです。

リコール対象車両でも車検を受けることは可能ですが、車検に通るかどうかはどの部分に対してどのようなリコールが行われているかで異なります。

 

車検に通るかどうかはリコールの箇所次第!

国土交通大臣への届出を行いメーカーが実施する自主改修制度をリコールと呼びますが、既にふれたとおり自主改修には3つの段階が存在するため、リコールと捉えているものが改善対策やサービスキャンペーンであるケースも存在します。

車検では、車両が国土交通省の定める安全基準を保てているかを「車検検査該当項目」に基づきながら検査を行うため、車検検査該当項目がリコールの対象となっている場合は車検に通らない可能性が高くなります。

車検検査該当項目に該当するのは、自動車を制御するブレーキやスピードメーターや走行中に自車の動きを他車に知らせ安全確保を行うためのヘッドライトやブレーキランプ、ウィンカーなどが該当します。

またタカタ製のエアバッグ搭載車両でリコール対処を行っていない場合は、平成30年5月1日から国土交通省が行っている特例措置で車検を通せなくなっています。

対象が車検検査該当項目に該当しないリコールの場合は、リコール対象車両であっても問題なく車検に通ると考えられます。

愛車がリコール対象車両であるかどうかはメーカーからのリコール通知の有無や、メーカーの公式サイトや国土交通省のリコール情報サイトなどで知ることができます。

 

リコール対象車は車検前に済ませておこう

既に紹介したとおり車両の重大な欠陥の存在を確認したメーカーが国土交通大臣に届出を行い無料で回収や修理を行う制度がリコールですので、リコール対応はメーカーのみが行えます。

愛車がリコール対象車両となった場合は、メーカーのディーラーにリコール対応してもらう必要があり、料金は発生しないものの点検整備に要する時間がロスになると捉える方も少なくないと言えるでしょう。

車検のタイミングに合わせてディーラーにリコール対応をしてもらえば、「車検整備を無料で受けられるのでは?」と期待する方も存在するかもしれませんが、残念ながら車検はリコールとは異なるためリコール対応は無料でも車検整備が高くつく可能性があります。

愛車がリコール対象車両となった場合は、リコール対応と車検を切り離して考え、車検前にリコール対応をディーラーに依頼し車検は代行業者に依頼するのが最も効率的なリコール対策と車検対策だと考えられます。

 

リコール対応が済んだら低価格で安心のカーコンビニ倶楽部車検におまかせ!

メーカーのディーラーでリコール対応を無料で完了させた後は、より低価格で高品質な車検整備を受けてリコール対応同様に万全な車検対応を行いたいものです。

安心した車検をご希望であれば、ぜひ「カーコンビニ倶楽部車検」をご利用ください!

カーコンビニ倶楽部株式会社が全国のカーコン店舗で提供する車検サービス「カーコンビニ倶楽部車検」は、WEB車検予約で簡単に受付予約頂け、当日カーコン店舗では受付問診、立会診断、事前見積の後に整備作業へと進みます。

不明確な車検システムの見える化を行い、早さと安さそして安心をご提供するために「立会診断」「事前見積」「納得整備」のサービスコンセプトの基にカーコンビニ倶楽部車検のご提供を行っています。

メーカーによる無料のリコール対応が完了した車両を、より費用対効果の高い車検で維持させたいと考える方にとってカーコンビニ倶楽部車検は、「利用価値の高い車検サービス」であることをお約束します。

リコール対応の完了した車両の車検はカーコンビニ倶楽部車検にお任せください!なお、カーコンビニ倶楽部車検について詳しくはこちらからご覧いただけます。

  • ※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。
  • ※本コラムに掲載の内容は、本コラム掲載時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。