カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55
  • TOP
  • お役立ちコラム
  • 「車を傷つけられた」となる前に!ドライブレコーダーによる予防と対策について解説

「車を傷つけられた」となる前に!ドライブレコーダーによる予防と対策について解説

2021年11月11日

駐車場で車を傷つけられた経験のある方は少なくありません。このような駐車中のトラブルを防止するのにドライブレコーダーが効果的です。この記事では、ドライブレコーダーを活用したトラブル防止や車を傷つけられた場合の対策について解説します。

危機に備える!リーズナブルな価格でドラレコ取付対応

カーコンビニ倶楽部のパーツ交換・取付ならドライブレコーダーも素早く丁寧に取付いたします。高い技術を必要とする持ち込みによる取付もプロのスタッフにお任せください。

ドライブレコーダーは駐車中の車の見守りにも有効?

よくある駐車場でのいたずらやドアパンチ

駐車場で車に傷をつけられる原因はさまざまです。釘などで故意に車を傷つけたりパンクさせられたり、ガラスを割られるいたずらをはじめ、場所によっては、故意ではなくてもボールや石がぶつけられたりすることもあります。

またドアパンチや当て逃げ、最悪の場合は車上荒らしによって車が傷つけられることも。駐車場のある場所の治安や駐車場の種類、管理形態にもよりますが、駐車場でのトラブルは誰にでも降りかかる可能性があるといえるでしょう。

ドライブレコーダーは駐車場でのトラブル対策にも効果的

ドライブレコーダーは走行中だけではなく、駐車中も録画ができるものがあります。知らぬうちに車に傷をつけられていれば泣き寝入りするしかありませんが、車が傷つけられる瞬間を録画してあれば証拠になり、警察にも提出できるため犯人が発見しやすくなります。

また、車外からもドライブレコーダーが作動状態であることが認識できるように設置しておけば、抑止効果も期待できるでしょう。

 

駐車監視には犯人が記録できるものを!ドライブレコーダーを選ぶポイント

駐車監視機能

駐車時のトラブル対策としてドライブレコーダーを導入するのであれば、駐車監視機能が付いているものを選ぶのが大前提です。

動体検知機能

動体検知機能タイプは、自車の付近での人や物の動きを検知すると一定時間録画を行います。

動きに対して反応するため、車上荒らしやいたずらに対しては効果的ですが、反面人の出入りや交通量が多い場所に駐車していると必要以上に反応してしまい、バッテリーやメモリーの消費が激しくなるという欠点もあります。

郊外の人気のない駐車場や、自宅の駐車場などに適しているといえるでしょう。

衝撃検知機能

車両に加えられた衝撃を検知するGセンサーを内蔵し、Gセンサーが衝撃を検知すると一定時間作動するタイプです。

当て逃げや小さくない衝撃を伴う車上荒らしなどには効果的でしょう。センサーの感度は調節できるものがほとんどですが、MAXの状態であっても微細な衝撃には反応しないこともあるため、軽いドアパンチや引っかき傷などには対応できない場合もあります。

録画方法

録画方法もドライブレコーダーを選ぶ際に注目したいポイントのひとつです。常時録画するタイプと、センサーの反応をトリガーに録画を開始するタイプがあります。

常時録画タイプは監視カメラと同じ感覚で使用できますが、バッテリーが消耗する点、メモリーを圧迫しがちな点が気になるという声も。対してセンサーで録画を開始するタイプは決定的瞬間を取り逃してしまう可能性がゼロではありません。

なお、最近では常時録画とセンサー検知による録画を組み合わせたタイプも登場しています。

電源

バッテリーのタイプは3種類あり、ドライブレコーダーに内蔵されたバッテリーを使用するもの、専用の外部バッテリーと接続するもの、車のバッテリーに接続するものがあります。

バッテリー内蔵のものは、取付けは楽ですが、ほかのタイプに比べると録画時間が短くなります。車のバッテリーから供給するタイプは場合によってはバッテリー上がりの原因になる可能性も否定できません。

また外部バッテリータイプは専用バッテリーを用意し充電する必要があるため、コストと手間がかかります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、よく比較・検討して選びましょう。

 

愛車を傷つけられた場合の対処法

警察に連絡して被害届を出す

車に傷をつけられた場合は、傷の程度や犯人が分かっている、そうでないかにかかわらずまず警察に通報しましょう。このときにドライブレコーダーの映像があれば犯人の特定につながる可能性があるため、証拠として提出します。

そして被害届を提出し、事故証明書を受け取りましょう。事故証明書は任意保険で車の修理をする際に必要になります。

修理代をどうするか決める

任意保険を使って修理する

犯人が特定されていなくても、車は修理しなければなりません。任意保険に加入しているのであれば、保険会社に確認しましょう。状況にもよりますが、車両保険を付けていれば補償が下りることが多いようです。

なお、保険金請求手続きに事故証明書が必要なため、事故証明書を忘れずに作成してもらい、なくさずに保管しておくことが大切です。

また、保険を使用すれば等級が下がって保険料が高額になるケースもあります。車の使用年数や走行距離、傷の状態など総合的に考え、保険を使用するか、DIYするか、実費で修理するかを検討することをおすすめします。

すでに乗換えが視野に入っている状態の古い車で、修理費用も高額である場合などは、買取に出して乗り換えるのもひとつの方法です。

実費で修理する

車両保険を付けていない場合や保険の等級を下げたくない場合は実費で修理することになります。

ディーラーや板金塗装業者など、業者によって修理費用は変わってくるため見積もりを取って比較検討し、納得のいく業者を選ぶようにしましょう。なお、傷がわずかであったり、車に詳しく修理に関する知識があったりする場合はDIYで修理することも可能ではありますが、きれいな仕上がりを求めるのであれば業者への依頼がおすすめです。

 

ドライブレコーダーの取り付け・傷修理するなら高い技術で安心のサービスを提供するカーコンへ

カーコンビニ倶楽部では、ドライブレコーダーの取り付けも行っています。費用はドライブレコーダーの種類や車種によって異なるため、最寄りのカーコン店舗にお問い合わせください。

もちろんドライブレコーダーの取り付けだけでなく、傷やへこみなどの修理もカーコン独自の工法を用い、「早く」「キレイに」「バリュープライス」をモットーに修理いたします。

いたずらで多いフロントドアの線キズであれば(10cm×10cm程度)なら30,800円程度~。フロントバンパーのへこみ(10cm×10cm程度)なら14,300円程度~が費用の目安。車種やボディカラー、傷やへこみの大きさによって費用は変わりますが、事前にお見積りいたしますのでご安心ください。

なお、カーコンビニ倶楽部は全国展開しているので、ご自宅や職場の近くなど、ご都合の合う場所で対応工場を見つけることができます。車のお悩みがあれば、ぜひお近くのカーコン店舗にご相談ください。

お近くのカーコン店舗検索はこちら

カーコンビニ倶楽部 スーパーショップ認定店ならカーライフを総合的にサポート!

『スーパーショップ』は、 カーコンビニ俱楽部の提供サービスをお客様に総合的にご提供可能な特に優れている店舗に付与している称号です。
カーコンビニ俱楽部のスーパーショップ認定店なら愛車の修理・点検も、新車にお乗り換えも ワンストップでご提案いたします。

そんなスーパーショップの3つの特徴とは…

1. 提案力

スーパーショップでは、修理や点検から、車検や車の買い替えなどお車に関するすべてのサービスをご提供しておりますので、お客様に最適なサービス・プランを的確にご提案いたします。

2. 高い技術力

スーパーショップでは、高品質修理「カーコン工法」をはじめとし、カーコンビニ倶楽部が推奨する技術を積極的に導入しており、お客様にご満足いただける技術力でご対応いたします。

3. トータルサポート

車を綺麗にしたい、キズやへこみの修理をしたい、車の乗り換えなどカーライフ全般におけるサポート体制を整えております。小さなお悩みはもちろん、どんなお困りごともお気軽にご相談いただけます。

キズ・へこみ直しはもちろん、点検やメンテナンス、車検、車の買い替えなどスーパーショップだからこそできることを、お客様のお悩みに寄り添って、さまざまなメニューから最適なメニューをご提案。まずはお気軽にご相談ください!

お近くのスーパーショップはこちらからお探しいただけます。

  • ※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。
  • ※本コラムに掲載の内容は、本コラム掲載時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。