カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55

店舗リポート

女性視点の改善により、ますます人気上昇。

広島 牛田店
所在地 広島県広島市東区牛田南1丁目6-1
オープン 2000年
スタッフ 2名(FA=1名、TS=1名)

店長

カーコンビニ倶楽部広島 牛田店の詳細はこちら

スタッフ2名、最少ユニットによる効率のいい運営。


どちら方向からも入庫しやすい立地。

広島駅の北東寄り、交通量の多い通りに面したカーコンビニ倶楽部「広島 牛田店」。それほど広くない三角形の敷地を有効活用し、スタッフ2名で効率のいい運営を行っています。

姉妹店のカーコンビニ倶楽部「サカモト 宇品店」とは同じ広島市内でありながら、約10km離れており、移動もしやすく、理想的な関係にあります。

本社は法人向けの鈑金工場からスタートし、2001年のカーコンビニ倶楽部加盟を経て、現在は2店舗を運営しています。

鈑金・塗装のお客様は、基本的に店長が対応し、大破した車であれば、積載車に載せて姉妹店へ。設備もスペースも充実しているため、大きな鈑金修理も対応できます。グループ内での依頼なので、仕上がりのクオリティも抜群。他にも「広島 牛田店」は柔軟な発想で、さまざまな業務に取り組んでいます。

やさしくていねいな女性スタッフの対応で、すべてのお客様が入りやすく。


コンパクトながら清潔感ただよう、機能的な店内。

同店のスタッフ構成は、メカニック1名、フロント1名の最少ユニット。鈑金・塗装をはじめ、新車販売や中古車売買、コーティングなど幅広い業務を行う同店ですが、ご依頼の中心は鈑金・塗装。「メカニックがもう一人いればなぁ、と思うこともありますが、助け合いながらやっています」と笑うのは上店長。

「姉妹店への移動にグループ所有の積載車を利用しているのは、メーターを見て、移動時の走行距離を気になさるお客様もいるためです」と上店長。こういった細やかな配慮は社長をはじめ、グループ全体で徹底されています。

さらに、気配りという観点から忘れてはならないのが、フロントの井上さん。やさしい口調の井上さんは、「同店の顔」といってもいい存在です。終始ニコニコされていて、従来の鈑金工場にありがちな職人気質な雰囲気とはまったく異なり、女性が一人で来店されても相談しやすいはず、と納得。女性の顧客が少なくないというのも当然でしょう。

女性視点で店舗レイアウト、そして思いついたら即実行。それが、お客様に選ばれるための鉄則。


フロントの井上さん発案。女性や子連れ客に評判です。

フロントの井上さんの魅力はもちろん、スマイルだけではありません。女性らしい発想を、接客に生かしています。そのひとつが、店内の雑誌や本の取り揃え。女性誌、インテリア・雑貨や地域情報誌、料理雑誌、旅行ガイド、それにお子様向け絵本と、心にくいセレクトです。

「クルマ雑誌はもともと何種類もあるのですが、女性のお客様はお読みになる方が少なくて。御見積の待ち時間など、自分だったらこういうものがあるとうれしいな、とお客様の気持ちになって考えてみました」と井上さんは語ります。

本社と姉妹店を含めた合同会議が月に一度あり、そこでアイデアを提案。お店を良くすることに経営者も理解があるため、思いついたアイデアをすぐにカタチにし、そのうえで改善すべき点があれば改善していけばいい、という柔軟な気風があります。



カーコングランプリ2009「店舗運営部門」特別賞を受賞。2名での運営ながら、技術、接客、経営などバランスがとれている証です。

店の入り口の文字や飾りつけは井上さんの手作り。定期的にアレンジしています。

塗装後にお渡ししている、塗料ボトル。裏面に店名・住所・電話を入っているため、何かあればすぐに問い合わせできます。

取材:2010年05月26日