カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55

店舗リポート

「それはお客様にとって大事なことなのか」。お客様目線から発想する新加盟SSが目指すもの。

カーコンビニ倶楽部 八幡東山王店
所在地 福岡県北九州市八幡東区山王1丁目17-11
オープン 2015年
スタッフ 3名

マネージャー 松本 博己 氏

八幡東山王店の詳細はこちら

カーコンならお客様のご要望に応えられる

店内のいたるところでカーコンのサービスメニューを紹介。
店内のいたるところでカーコンのサービスメニューを紹介。

宇宙をテーマに全国的な認知度を誇っていたテーマパーク「スペースワールド」。1997年には年間来場者数が216万人を記録する人気施設でしたが、惜しまれながら2017年の年末をもって閉園します。

そのスペースワールドの目の前でSSを運営しているのは北九州市に本社を構え、エネルギー、ホームライフ、ライフプランの三本柱で事業展開する株式会社ワシダです。今回ご紹介する「八幡東山王店」は同社が2015年にオープンしたフルサービスのSS。マネージャーの 松本 博己氏がカーコン加盟の経緯を話してくれました。

「カーコンへの加盟以前から簡易リペアは提供していました。しかし、その修理ではお客様のご要望に応えられなくなってきたのです。たとえば、バンパー修理のキズは直せても、へこみは直せないという局面も出てきました。それでは、わざわざ足を運んでくださったお客様の期待を裏切ることになります。社内会議でカーコンへの加盟がテーマに挙げられた際には、『ウチの店舗でやらせてください』と私が立候補しました」

SSの接客を通じて、お客様のご要望に応えられない案件を苦々しく思っていた松本マネージャーにとっては渡りに舟だったようです。

「カーコンならお客様のご要望にお応えすることができる」と直感したと松本マネージャーは話します。

お客様の視点からビジネスを考えるという方針は、会社の企業哲学でもあったので、現場を預かる松本マネージャーにとっては切実な問題だった様子です。

それは、お客様にとって本当に大事なことなのか

SSの入口に“もろコミ”のノボリを大量に陳列。給油をするお客様にアピール
SSの入口に“もろコミ”のノボリを大量に陳列。給油をするお客様にアピール

運営会社の株式会社ワシダの創業は明治38年。創業は110年を超えます。その歴史を通じて同社は常に“人づくり”を社訓としてきました。その一端を松本マネージャーが教えてくれました。

「社内ではお客様目線を常に意識するように指導されました。ですから、商売でも自分たちが売りたいものを売るというよりも、『これはお客様にとって本当に大事なことなのか』を考え、ご提案する習慣が付いていると思います」

そうした視点から松本マネージャーが注目しているカーコンのサービスメニューの1つが『もろコミ』です。

「当店はこれまでも車販は行ってきましたが、成約に至るまでにはお客様と幾度となく打ち合わせを持つ必要がありました。『もろコミ』はサービス内容が『わかりやすい』ことが大きな魅力です。『月々税込1万円』というフレーズにお客様も反応していることを実感しています」

同店では『もろコミ』のプロモーションにノボリを大量に掲出し、店内にもサインやパンフレットを数多く揃えてアピールしています。こうした活動も、お客様のニーズを感じ、喜んでいただけるサービスメニューであることを確信しているからです。

自分を育ててくれるお客様に感謝

クマモンのステッカー。同じ九州ということもあり、ご来場者にも大人気
クマモンのステッカー。同じ九州ということもあり、ご来場者にも大人気

松本マネージャーは接客、とりわけ人とお話をするのが好きでSS勤務を選びました。その松本マネージャーに接客時に大切にしている態度について伺いました。

「私の場合、お客様とお話をしながら自分との共通点を探します。それがペットでも良いですし、スポーツでも良い。お客様と自分との共通点が見つかれば、次回のご来店の際にも、その話題から入っていきます。もちろん、お客様との距離を近づけるためにも、お客様のお名前で呼びかけることには留意しています」(松本マネージャー)

SSでの営業歴16年。その間に周りの環境も変化していきます。

「世代を超えておつきあいをさせていただいているお客様もいます。その方は現役でお仕事をされている時に知り合い、退職されてからもSSにお越しいただいておりました。その後、娘さんが結婚し、娘婿さんにもご利用いただいていて、その当時、幼稚園生だったお子さんも先日、『免許を取りました』と顔を見せてくれました。お客様と仲良くおつきあいさせていただき、お客様を大切にし続けることのありがたみを改めて感じたものです。私はこの仕事が天職だと感じています」(松本マネージャー)

人と出会い、人のために尽くすことは、自分を磨くことにつながっていきます。

松本マネージャーもその価値をよく知っています。「人づくり」を大切にする会社のスタッフとして、お客様との真摯なおつきあいは今後とも続いていきそうです。


店内はシックな色調で、統一されている。長時間の滞在も快適なカラーコーディネイト
店内はシックな色調で、統一されている。長時間の滞在も快適なカラーコーディネイト
商談スペースに“もろコミ”リーフを配置し、ご来場者の興味を喚起する
商談スペースに“もろコミ”リーフを配置し、ご来場者の興味を喚起する





取材:2017年3月13日