カーコンビニ倶楽部 刈谷駅北口店

カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55

店舗リポート

長年培われた車販力と高度な技術力による鈑金で差別化を図る。

カーコンビニ倶楽部 刈谷駅北口店
所在地 愛知谷刈谷市一色町1-3-5
オープン 2004年
スタッフ 4名

刈谷駅北口店の詳細はこちら

有川 淳也 店長

年培われた車販力と高度な技術力による取金で差別化を図る

トヨタ自動車の発祥の地であり、トヨタグループ企業の本社や工場が集まる愛知県刈谷市。
日本有数の自動車工業都市における鉄道の玄関口、刈谷駅に程近いロケーションに店舗を構えるのが、「刈谷駅北口店」です。
SSでありながら車販に加えて鈑金も保険にも対応できるクルマのなんでも屋さんの店舗づくりを進めている同店。
更なる飛躍を目指して約1年前から、もろコミの取扱いも開始した店長の有川淳也氏にお話を伺いました。
「ウチは長年、車販で培ったノウハウがありますから、もろコミの販売にも自信がありました。そこに月々8,000円~というプライスインパクトも加わったので、お客様からの反応は上々です。約1年間で、成約台数は12台。一挙に3台という月もあり、お客様からの印象も良しという感じがしました」
顧客の7割は、家計のお財布を握っていることが多い『主婦』という同店。
車検の際に、お客様へもろコミをお勧めするというタイミングも忘れていません。
「ウチは、圧倒的に即日契約のお客様が多いです」(有川店長)
SSとして1970年に開店し、自動車販売業も手がけてきた同店。約半世紀にわたる車販で磨かれた接客力により、不明点を生まない的確な説明がお客様を即断即決へと導いています。

刈谷駅北口店の店舗外観。ESSOの赤い看板とカーコンの赤い看板がマッチ!
刈谷駅北口店の店舗外観。ESSOの赤い看板とカーコンの赤い看板がマッチ!

上がりにご満足頂けると車の購入へ繋がる

「おかげさまで、鈑金のご依頼は順調に伸びています。
ウチは鈑金の仕上がりを非常に重要視しており、作業が甘いと判断した場合は再度やり直します。それぐらい、仕上がりにはこだわります」(有川店長)
鈑金を行う工場には、最新の工具類や塗料等を完備。スタッフも高い技術力を持った人材が揃っており、鈑金には並々ならぬこだわりがある同店。
「輸入車の販売を長年手がけていますから、そのお客様から鈑金のご依頼もあります。国産車とは異なり、輸入車には複雑なカラーリングの車もありますが、全く問販無く対応できます」(有川店長)
ペンツやBMW等の鈑金の依頼も頂くという同店。
輸入車なので国産車の様に、約域に鈑金ができる店舗があるか不安なお客様も最初はいましたが、仕上がりをご覧頂くと低様、ご満足されるとのこと。その確かな仕事がロコミで伝わり、ご紹介で来店されるお客様が多いのも同店の特長です。
「鈑金・修理を受注したお客様から、最終的に車をご購入頂けるケースが結構あります。仕上がりにご満足頂けた上でのアクションですから、非常に喜ばしいですね」(有川店長)
既に”クルマのなんでも屋さん”として機能している同店。その完璧な仕事が更なる信頼を呼び込み、他店が追随できない優れた店舗力を発揮しています。

顧客説明用の資料をわかりやすくし、お客様へアピール!
鈑金を取り扱うSSをアピールするカーコンの大型タペストリー

販の接客力

「カーコンカーリースもろコミをご希望されるお客様はサービス内容を把握されていらっしゃいますので、高い接客力が必要です。
自分より店員の方が不足だったら、お客様は不安になります。ですから、私はサービス内容から対象車の詳細情報まで勉強しています」
知力による接客は、信頼を獲得する上で大切と大谷氏は語ります。
加えて、重要なコツも教えてくれました。
「サービスのメリットのみならず、あえてデメリットもお伝えします。全てを理解されて、じっくり選んで頂くことでお客様の不安や問題が無くなり、納得して成約していただけます。」(大谷氏)

取材陣を笑顔で迎えてくれた刈谷駅北口店の有川店長とスタッフ。仕上がりに自信の高い技術力は多くのお客様からの信頼の証し

取材:2018年6月28日