店舗リポート 伊勢崎宮子店|自動車 修理ならカーコンビニ倶楽部!

カーコンビニ倶楽部総合TOP会社情報加盟店募集サイトマップお問合せ

カーコンビニ倶楽部TOPページ > 店舗検索 > 店舗リポート カーコンビニ倶楽部 伊勢崎宮子店

店舗リポート

2011年11月にカーコンに新加盟。カーコンのブランドバリューに驚いています。

伊勢崎宮子店
所在地 群馬県伊勢崎市宮子町943番地1号
オープン 2011年
スタッフ 9名

代表取締役 松島 賢一 氏

伊勢崎宮子店の詳細はこちら

お客様との接点が得られるSSは、ビジネスの中心。


群馬県伊勢崎市。人口13万人を要する市にある、オンリーワンのカーコンショップ。それが伊勢崎宮子店です。1970年に創業し、主に中古車販売を中心に展開してきましたが、2004年にSS(サービスステーション)を増設し、そして2011年11月、カーコンの加盟店として新規参入しています。

この経緯を代表取締役 松島 賢一 氏はこう説明します。「実はSSをオープンする前には中古車センターと工場は少し離れた場所にありました。事業の効率化を図ろうとした時にこの距離がネックに。現店舗の位置は、市街化調整地域に指定されていましたので、SSをオープンすれば工場も隣接できるとのことでSSをオープンしたのです」。

現在、SSの利益が減少し、閉店する店舗も決して少なくありません。そうした状況でなぜSSを開業したかについて松島代表はこう語ります。

「確かにSSは利益幅が多くありません。しかし、お客様との接点は格段に広がります。中古車センター時代には来店者が一人もいらっしゃらない時もありました。それに比べたらSSはお客様接点の宝庫とも言えます」。

それまでの知人・地縁からのお客様中心のビジネスから、新規のお客様との出会いが期待できるビジネスへと積極的に転身を図りました。お客様とのコミュニケーション機会が多いSSは、松島代表にとってはプロモーションの場なのです。

カーコンのブランドバリューには正直驚きました。


中古車販売スペース。この業態が出発点だった。

SSは同店の中核ビジネスではありますが、将来を展望したときに、期待ばかりではありません。「お客様との接点は大切ですが、現実も見据えなくてはなりません。SSビジネスもセルフ方式でなくては成り立ちませんし、エコカーや電気自動車等が増えれば、ガソリンへのニーズは相対的に薄まります」。

そんな状況下で着目したのが、カーコンでした。「私たちは中古車を始め、新車の販売、保険の販売、車検の整備等をやっています。『お車の総合コンサルタント』になりたいというのが私たちの理念です。その中で、たとえ販売台数が落ちても、キズ・ヘコミの修理ニーズは減少しないのではと考えました」(松島代表)。

以前から知っていたカーコンの加盟を後押ししてくれたのは同じ群馬県内でカーコンを運営している先輩からのアドバイスがあったからとか。「11月のオープン時にはお客様が1人もいらっしゃらないのでは?と思っていました。なんの広告もすることなく、静かに看板を上げただけでしたから」と松島代表。

しかし、その心配は杞憂に終わりました。開店と同時に、隣の市である高崎市や伊勢崎市の離れた町から、お客様はいらっしゃいました。カーコンのWebサイトから検索し、お客様がお越しになり、同社の鈑金・塗装ニーズを大きく引き上げたのです。

3000名のお客様の携帯メールに、一斉送信でお知らせ。


カーコン工法も習得済み。お客様の笑顔がここから広がる。

カーコンへの加盟は同時に意識改革にも結びついたと松島代表。「カーコン工法や専用のパテについて学ぶと同時に、納期についての意識も高まりました。これまでの車検整備では顔見知りが多かったということもあり、納期には無頓着な面もありましが、カーコンの新規のお客様にはそうはいかない。気が引き締まる思いです」。

これまでSSで培ってきた信頼を背景に、3.000人ほどの顧客リストを持つ同店では、キャンペーンの告知等に携帯メールをフル活用。即時性があり、顧客に必ず届く通信手段としてキャンペーン等に活躍しています。

「ワンストップで車に関することは何でもできる店舗でありたい。お客様の悩みを解決できる存在でありたい。SSを窓口にいつでも相談できる窓口でありたい」(松島代表)。

「お車の総合コンサルタント」を目指す同店は、カーコンへの加盟を契機に、よりお客様との接点を拡大しています。



2004年に創業したセルフ式SS。お客様との接点を生み出す。

広大な敷地内に修理ピットが2つ。受け入れ態勢は万全だ。

清潔でゆとりある受付スペース。女性客を意識したそうだ。


ディーラーとしても長きにわたって活躍している。

広い待合いスペースにはTV、漫画・週刊誌などが置かれる。

オープンして1ヶ月。このメンバーがカーコン事業を支える。

取材:2011年12月14日

ページの先頭へ